出産されたママたちからのメッセージ
「私のお産」

2017年9月ご出産

医療法人碧会・ヤナセクリニック(三重県津市)
「私のお産」目次コーナーに戻る


ヤナセクリニックでご出産された方から、ご出産の感動・我が子への思いなどのメッセージ「私のお産」をいただきました。ホームページではそのうち「公開することに同意」いただいた方の「私のお産」のみ、公開させて頂きます。



★第3子の出産でした。
第1子も2子もヤナセさんで、お世話になり大変よくして頂いたので迷いなくこちらでお願いしました。
上の子は5歳、下の子は2歳ちょうどママべったりの時期、立会いはしない方がいいかなと最後まで迷いましたが、タイミングも重なり家族でお産に立ち会うことができました。
和室のLDRは私の思い出の場所のひとつです。
お産の進みや過ごし方は助産師さん方にアドバイス頂きながら安心してお任せできました。
本当に感謝しています。
陣痛や出産の痛みは大変なものですが、小さな新しい命に会えた喜びは計り知れません。
まだふにゃふにゃで梅干しの様な小さな赤ちゃんを抱っこするたびに愛しさが増していきます。
また、それと同時にお家で帰りを待ってくれている上の子たち、主人への感謝と愛しさも増していきます。
新しい生活に心配はありますが、新たな気持ちで前向きに向かいたいと思います。
3兄弟の母ちゃんとして、怒ってばかりではなくいつも笑っている母ちゃんになっていきたいと思います。
柳瀬先生、スタッフの皆様今回も本当にお世話になりました。
ありがとうございます。

★私は、今回2度目の出産で、1人目の出産とは違い、妊娠高血圧症候群にならず、順調に、お産を迎えることが出来ました。
予定日を2日越えた頃、陣痛がきたので、病院へ向かいました。
すぐに分娩室に入り、子宮口が開くのを待ち、6時間程、痛みと戦いました。
赤ちゃんの頭がなかなか下がってこないので、その時間は、とても長く感じましたが、周りの励ましの声があったので、乗り越えることが出来ました。
赤ちゃんの産声が、聞こえた瞬間、夫婦揃って感動しました。
これから家族も増え、大変な事もあると思いますが、今回の感動と子どもへの愛情を大切に毎日過ごしたいと思います。

★出産予定日が近付くにつれて、毎日「今日はまだ陣痛来なかったなぁ」と、ホッとするような、ソワソワするような気持ちで過ごしていました。
ある晩、なかなか寝付けずにいたときに、院長先生のブログを読みました。
中でも先生の娘さんが大学を卒業した日のブログが印象に残っています。
読んでいるうちに、いつの間にか自分が、娘目線ではなく、母目線で読んでいることに気付きました。
号泣です。
お産を目前に控えながらも、どこか実感が湧かずにいたその頃に、院長先生のブログを読んだことで「早く赤ちゃんに会いたい!楽しみ!」という前向きな気持ちになれました。
出産当日は、なかなか陣痛が定期的に来なかったり、なかなか短くならなかったり・・・辛くて助産師さんに「いつ生まれますか?」なんて無理なことを聞いたり、沢山の泣き言を言ったりしましたが、温かく受けとめて励ましてくださいました。
夫もずっと付き添ってくれて、腰をさすってくれたり、うちわで扇いでくれたりして励ましてくれました。
一緒に居てくれることで安心でき、心強かったです。
22時間を超えるお産で、正直辛くて自分のことでいっぱいいっぱいでしたが、赤ちゃんの元気な産声を聞いたとき、自然と涙があふれ、「しんどかったよね、よく頑張ったね!ありがとう!」など沢山の言葉をかけました。
この時、結婚式でも泣かなかった夫の涙も初めて見ました。
もう本当に胸がいっぱいで、この日のことは一生忘れません。
いつか我が子にも、この日のことを話したいです。
みんなに励ましてもらい、赤ちゃんの誕生を喜んでもらい、本当に幸せな出産でした。
院長先生をはじめ、スタッフの皆様のおかげです。
本当にありがとうございました。

★ヤナセさんでは2回目の出産になります。
出産当日の夜中、トイレに行くと生理始めのようなうすい出血があり、そろそろかな〜と構えていました。
軽い生理痛のような痛みがあり、眠かったのでとりあえず寝ました。
AM5:30ごろ目が覚め少しずつ痛みが強くなってきて(まだガマンできるぐらい)5、6分間隔だったので病院にtelすると来てくださいとの事で、7:00前ごろ病院へ。
子宮口は3cm。
LDRで待機して朝食いただきながら、強くなってくる痛みをガマン・・・。
歯をくいしばるぐらいの強さになってきたころには子宮口9cm。
お産の準備を進めてもらいいきみ出す。
5回ぐらいいきんだところで頭が出てきて、ドゥルンと体も出てきました。
「おぎゃ〜」と泣いてくれて一安心。
私は安堵の涙、旦那は余裕があったみたいで赤ちゃんの顔みて笑ったそう・・・。
今回は出てくる瞬間を自分の目で見れました。
胸元に抱っこさせてもらい、生暖かくてどっしりしてました。
その後すぐに母親と娘も来てくれてさらに安心した私はまた涙。
娘は不思議そうに見てましたが、「あたたんあたたん(赤ちゃん)」と言ってました。
娘の出産の時、私は痛すぎてきゃーきゃー叫びまくって注意されたので(笑)
今回は息を吐いておち着いて産む事が出来ました。
でもやっぱり地獄です。
2人目も女の子ですが1人目と500g、4cmも大きいと、やっぱりしっかりしていて泣き声もたくましい!!!
後陣痛が少ししんどいですがこれからたのしみです!
先生、スタッフの皆様ありがとうございました!!!

★今回が初めてのお産だったので、不安いっぱいでお産にのぞみました。
お産をおえて、思うことは、家族、スタッフの方々に支えられて乗り越えることができ、こんなにもかわいい我が子に会うことができた私は、本当に幸せだということです。
陣痛は本当に痛かったですし、心が折れそうになることが何回もありましたが、スタッフの方が「前より進んできてるよ」「もうすぐ赤ちゃんに会えるよ」「髪の毛みえてきたよ」と1つ1つお産の進捗状況を伝えてくれたおかげで、赤ちゃんに会うために力がわいてきて頑張ることができました。
何よりも感動したのは、我が子の誕生の瞬間をしっかりと見ることができ、誕生したばかりの我が子を抱くことができたことです。
我が子に会えた瞬間、すべての痛みがふっとび、幸せな気持ちでいっぱいになりました。
最後まで横で一緒に頑張ってくれた主人、身の周りのサポートをしてくれた、母、義母、スムーズなお産に導いてくれたスタッフの方々、すべての人達への感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。
いつか、この子が大きくなった時、パパとママがどれだけ、あなたの誕生を喜んだか、伝えてあげようと思いました。

★今はただ、我が子を腕に抱けることが幸せでいっぱいです。
予定日から1週間遅れたこともあり、まだかまだかととても待ち遠しい時間でした。
お産も想像していたものとは異なり長く感じる大変な時間でしたが、もうすぐ赤ちゃんに会えると思うとそれほど辛さは感じませんでした。
ずっと側で励まし支えてくれた家族とスタッフの方に感謝の気持ちでいっぱいです。
この時間があったからこそ今があると思うと、この時間もずっと忘れられない大切なものとなりました。
何より、無事で元気な赤ちゃんが生まれてきてくれたことが本当に嬉しいです。
腕の中で一生懸命におっぱいを飲む姿にとても癒されます。
ずっと会うのを楽しみにしていたこの子を、改めて感じた大切な家族と共に、ずっと側で見守っていきたいと思います。
これから大変なこともたくさんあると思いますが、一つ一つ乗り越えて家族で成長していけたらと思います。

★今回は4人目の出産にして初めて自宅で陣痛が来ての入院になりました。
今までは40週超えての誘発入院だったので早朝10分間隔で生理痛のような痛みを感じ「これが陣痛?」という感じでした。
9/1だったので今日から新学期が始まるので急いで上の子達の学校や保育園の準備をして送り出して病院に着いた頃には10分間隔の痛みが遠のいてしまい・・・しかし診察をして頂くと子宮口が5cm開いているという事でそのまま入院する事に。
LDRに入って陣痛は来るものの強い陣痛は来ず微弱陣痛が続き促進剤の点滴をして頂くことになり、あっという間に3856g姉兄たちより一番大きな女の子が生まれてきてくれました。
先生を始め話をして和ませてくれた助産師さん看護師さん本当にありがとうございました。

★私は、今回が初めてのお産でした。
周りは既に子ども居る子は、たくさんいましたが、自分自身の事となると全ての事が不安でしかありませんでした。
7ヶ月中頃に、動きすぎが原因で切迫の可能性があるという事で、1日でしたが入院をしました。
この時に改めてもう自分自身の事だけじゃいけないんだ、この子が元気に無事に産まれてこれる様に、守らないと!と思いました。
先生にも、赤ちゃんからのサインだと教えてもらい、その後は赤ちゃんを第一に!!と程良く運動したり、ビクスやヨガと病院のサービスも使って10ヶ月お腹の子と、楽しく1日1日過ごしました。
妊娠中は、初期はつわり、後期は胃の圧ぱくと常に体調不良でしたが、助産師さんに相談したり、旦那や家族に支えてもらっていました。
そして40週目の予定日の前日の診察では、子宮口も1cmとこれは、予定日すぎるなと思っていたその晩、おしるしが来て、その後、5分間隔の下腹への痛みで病院に向かいました。
本来であれば5〜7分だと一時帰宅となりますが、台風接近という事で助産師さん(Nさん)が「もう居た方がいいかも・・・」と言ってもらい、入院となりました。
その時に帰っていたら、もう何時間後にくる事になっていたので、良かったです。
そして生理痛の様な痛みが5分〜7分、が何時間と続き、まだまだ耐えられると寝ていなかったのが、今思えば失敗でした・・・。
3分になった時には、生理痛のMAX?ぐらいのが何度もきて、もう正直これは夢かもと思えるくらいでした・・・あの時、寝ていなかったのでせっかく3分で来た陣痛がきた時に睡魔におそわれ、寝てしまい、また5分になったりとゴールがみえず、そんな中、子ども誕生には立会えない、と陣痛も待っているといっていた旦那が本当に最初から手をつないでいてくれ、まさかの隣で汗をふいてくれたり、一生懸命声をかけはげましてくれて、一睡もせず必死にそばにいてくれました。
母や祖母もかけつけてくれ、仕事前の父や、親せきの姉もかけつけてくれ死にそうな私を必死で励ましてくれました。
5分からやっと3分になりLDRへと進みました、この時には痛みも生理痛とは比べられないもので、痛さで意識もぶっ飛ぶかも・・・くらいのものでした。
そこで、私をとても支えてくれたのは、旦那でした。
LDRに入ってきた時は、本当にびっくり!!の一言でしたが、苦手といっていた血がたくさんやのに・・・。
でも、痛さで旦那の手を折れそうなくらい、にぎりひっかき・・・それでも「もっと力入れていい」とかいたーい。というと「分かっとる×2!!もう少しやから」と本当によし!頑張らなくては!やもうちょっと頑張れるかもと思わしてもらえました!
助産師さんも「ママ頑張って!」「赤ちゃんそこまできてるよ」と意識が痛みと睡魔で変になる私を最後までサポートしてくれました。
そして、やっとお産の時!!!
助産師さんも増え、私のサポートも、旦那、母、祖母、姉と、赤ちゃんを迎える準備が出来、やっときばれると思いましたが、もっとスルン!できると思ったら、そこから私にとってはすごーく長かったです・・・。
でも私も苦しいときは、赤ちゃんも苦しい!頑張らなくてはと、助産師さんの声に合わせて、でも骨ばんも狭かったため、先生の力を借りてみーんなの力をもらって、やーっと産まれてきてくれました!!!
感動よりも私は感謝の気もちでいっぱいでした!!!
そして何より、最後の最後まで隣にいてくれた旦那が号泣しているのをみて、産んだんだと実感!!!
周りの家族も感動してくれてたくさんの家族に見守られて産まれてきた娘は、幸せ者だと思いました。
先生や、私の陣痛から私を励まして手をにぎってくれたり、こしをさすってくれたり最後は、とりあげてくれた助産師さんたち、ヤナセクリニックのスタッフさんへの感謝は、一生忘れません!!!
本当にヤナセさんにしてよかったです!
これから出産されるままさん!!
本当に10ヶ月ちょい待って待ってのお産ですね!!
心の底から応援しています!!
決して軽いものではないので正直すごくつらいですが・・・ヤナセさんのスタッフさんのバックは最強です。
そして、ご家族のサポートもこれ以上ない力になることまちがいなしです!!!
赤ちゃんもままさんに会うの、待ち遠しいと思います!!
がんばって下さい。
フレフレー!!ままさん。赤ちゃん

★陣痛に気づいたのが朝方5時くらいでした。
いつもと違った痛みで、でもまだ大丈夫ってかんじやったケド、間隔はかったら5分(大体)9時すぎまで様子みてみて病院に電話したら、来て下さいとの事で、10時前に行きました。
着いてすぐ見てもらい、子宮口、2、3センチってゆってもらい入院しました。
午後15:00に見てもらったときには子宮口8センチくらいといわれ、まだ笑えるくらいだったので、安産!?って思ったのは、それきりそこからが長かった(笑)
何回も、心が折れそうになったケド、先生や助産師さんにたすけてもらいあしゆをして気分をかえてもらったり、アロマをぬってもらったり、なにするにもほめてもらい、すごくたすかりました。
そのおかげか4時15分にぶじ誕生してくれました。
終わったあとも、よくしていただきとても思い出ぶかい、いいお産になりました。
ありがとうございます。
次も、産むならヤナセさんで産みたいです。
本当ありがとうございました!

★私にとって3度目の出産。
にぎやかな家族の所へ産まれてきてくれてありがとう。
妊娠中は、上2人よりも小さくて診察する度に、「小ぶりちゃん」で予定日で2500gあるかな〜だったよね。
軽めの陣痛が来たのが予定日の2日前の深夜。
初の出血もあったりで、パニックちゃって急いでTel。
病院着いて、痛みも強くなり、間隔も少し短く・・・お!いよいよ。と期待した途端、痛みも陣痛もスー・・・アレ?
私は来たからには今日中に産みたいと強く願っていたので、部屋の中をうろうろ・・・スクワット・・・足上げ下げ・・・とにかく動いて。
するとまた陣痛が来たり、時計見たりしてると、遠のいて〜のくり返しで(汗)
マイペースな子でしたよ。
夕方くらいに強めの陣痛が来てからはあっという間の出産。
トータル18時間と難産(3人目なのになんで〜(泣)ともやもやしたけど)無事元気に産まれたね。
ありがとう。
おにいちゃんは妹思いだし、おねえちゃんは世話好きで仲良くやっていけそうかな?
家に戻るまでは母ちゃんと一緒にゆっくりしてすごそうね〜。
ホントに元気で産まれてきてくれてありがとう!
3人仲良く、元気に、楽しくね!!

★4人目の出産でした。
予定日2週間前に5分間隔の痛みで入院しましたが、前駆陣痛で痛みが遠のいてしまい、帰宅となりました。
そんな事もあり、予定日までの2週間はとても長く、気の休まらない日々でした。
予定日だった9月18日もいつも通りすごし、「今日産まれなかったね」と家族と話しながら眠りにつきました。
その夜中2時頃、突然のお腹の痛みに飛び起き、明らかにいつもと違う痛みで間隔を計る余裕もなく病院にTELし、高速で病院に向かいました。
車中で5分、3分と縮まっていく間隔と強くなっていく痛みにとても不安で病院がものすごく遠く感じました。
なんとか病院に着き、LDRに入った時にはすでに8cm開いていて、痛みもMAX。
すぐに子宮口も全開になり出産となりました。
陣痛から1時間30分程の超スピード出産。
こんな出産になるとは予想もしてなくて、無事に病院で産めて本当に良かったと思いました。
車中で産まれてしまっていたら・・・と思うと・・・。
何もかもが急激に進んだので、バースプランで計画していたお兄ちゃん達の立ち合い、アロマバスは叶いませんでしたが、安産で産まれて来てくれた我が子に感謝しています。
学校、保育園に行く前に会いに来てくれたお兄ちゃんたちの嬉しそうな顔を見たらしんどかったけど、やっぱりこの子を産んで良かったなと心から思いました。
私の出産、入院中に関わって下さった皆様、本当にありがとうございました。

★初めての出産をしたけれど、自分が思っていた以上に大変で今まで痛いと思うような出来事はありましたが、尋常じゃないぐらいの痛みでした。
けど赤ちゃんも自分と同じくらい苦しくて頑張って外に出ようとしてると思うと自分が頑張らなと思い出産にのぞみました。
生まれた瞬間赤ちゃんの声を初めて聞いた時今まで痛かった痛みを忘れるぐらい感動で、自分が母になったんだなと実感が湧きました。
無事に出産することが出来てよかったし、生まれてきてくれてありがとうと思う気持でいっぱいです。

★初めての出産でした。
予定日6日前の夜中3時半ごろに破水して病院へ。
その日の午前中はまだ生理痛くらいの痛みで、余裕でした。
午後になり、だんだん痛みが出てきて辛くなってきて、あと何時間この状況が続くんだろうと思うと辛かったです。
夜になり、痛みもかなり強くなっていたけど、子宮口はまだ4cm、まだあと倍くらい開かないとね!と言われた時は、もう早く出てきて!!という気分でした。
夫にさすってもらいながら痛みに耐えていたら、急に突きぬけるような痛みになって、叫んでいたら先生と助産師さんが来て、子宮口が全開といわれ、よく分からないまま出産体勢に。
とにかく痛みに耐えながら、無事に出産しました。
赤ちゃんの産声を聞いた時は、感動というより、やっと終わったという脱力感の方が勝っていました(笑)
でも赤ちゃんの声や姿を見ているうちに、だんだん実感が湧いてきて、がんばって良かったなと思うようになりました。
出産後、少しずつ赤ちゃんのお世話を始めて、愛しい気持ちでいっぱいです。
本当に可愛くて、食べちゃいたいくらい可愛いです。
ヤナセのスタッフの皆さんは本当にやさしくて安心できたし、お部屋も快適、食事も健康に良さそうでおいしいので言うことなしでした。
こちらで出産できてよかったです。
次の機会があれば、ぜひまたヤナセでお世話になりたいです。

★今回3人目の出産でした。
1人目からずっとヤナセさんです。
LDRのお部屋は和室でした。
本格的な陣痛の痛みがくるまではゴロゴロしたり歩き回ったりでき、横にいる主人もタタミなので過ごしやすそうでした。
お産が始まると、洋室のがいいのかな?と思っていましたが、あぐらをかいた主人を枕にして手をにぎって出産する形となり、とても心強い気がしました。
スタッフのみなさんはとても優しく、親切で、3回ともヤナセさんにお願いして良かったなぁと思います。
いや、ヤナセさんだったからこそ3人目まで頑張れたんだと思います。
本当にありがとうございました。

★出産予定日前日の朝おしるしがあり。
陣痛はなく、いつも通り散歩をしたり、家事をして過ごす。
午後過ぎてから前駆陣痛のようなものがあり、間隔10分前後になってきたため、病院へ電話。
痛みが強くなり、5〜6分間隔になったら、再度連絡をして下さいと説明される。
0時を過ぎて予定日になってから、陣痛強まってきた。
2時に5分以内の間隔が続いたので病院へ電話し、入院。
入院後、NSTをつけて内診すると子宮口2〜3cmで柔らかくなってきており、頭も下がってきているとのこと。
その日の午前には生まれるかもと希望がみえたが、そうは上手くいかず、陣痛が遠のいたりして、予定日次の日の深夜に破水し、生誕。
予定日だった1日は陣痛に耐えるのが大変でした。
ヤナセの助産師さん、看護師さんはどの方も優しく、入院中も笑顔で励ましてくれました。
産後は分からないことばかりの私や主人にも赤ちゃんの世話について優しく教えてくれ、本当に助かりました。
ありがとうございました。

★1人目をヤナセさんで産んでいたこともあり、県外在住ではありますが里帰り出産も兼ねて、今回も健診の時からヤナセさんを利用させてもらいました。
私の場合、夜、子供を寝かしつけ自分も横になって寝ていると大量の汗で目覚め、全くなかった吐き気が少しし、いつもと違う動悸がしたので「あ、陣痛きたかも〜おしるしないけど汗かいとるし、今のうちにシャワーしてくる〜」と家族に告げ、出てくるとものすごくひどい生理の時の痛みが出始めました。
痛みの間隔を測ってみると10分、8分、5分、4分と狭まり、病院へ連絡し、入院することになりました。
主人や子供の立ち会い出産は叶わなかったものの、姉が立ち会ってトイレの介助や腰を摩って陣痛の痛みを軽減させてくれたり、励ましてくれたり、呼吸をリードしてくれたお陰で破水から出産までがとても短くすんだように思えました。
予定日より2日遅れての誕生で、体重は3302g。
元気な産声と生まれて初めてのおっぱいも上手によく飲んだので安堵していたのですが、肺に羊水が少し残った状態で酸素がうまく取り込めない為、NICUのある病院へ赤ちゃんだけ移ることになりました。
幸いにも次の日から順調に回復しているので、私に今できることは赤ちゃんに少しでも多くの母乳を与えられるように搾乳に勤しむだけです。
1日でも早く退院し、腕に抱くことができますように☆☆☆

★今回3度目の出産でした。
上2人も陣痛が来ず、予定日を過ぎての出産だったので今回も予定日前の検診で入院日を決めて出産する事にしました。
入院当日分娩室が和室しかあいてないと聞き2度出産しているのに不安でいっぱいになりました。
促進剤の点滴を打ち予定通り3時頃本陣痛がやってきました。
上の子供達の時も陣痛が来てから産まれるまでが早かったので助産師さんが点滴を打ちはじめてからとても気をつけて見に来ていただいていて、少しの変化にもすぐに対応してくれたので陣痛から出産まで50分というスピードでしたが、何の不安もなく出産する事ができました。
また今回は看護学校の学生さんにも立ち合っていただき腰のマッサージなどしてくれていました。
助産師になりたいと聞いていたので、将来どこかでまた会うことができればうれしいなー。と思います!!
色々不安はあると思いますが、上手な助産師さんがいるので身をまかせて出産すれば大丈夫ですよ。
きっと元気な子供にあえると思います。
頑張りましょう!!

★出産には、不安になりすぎないように「早く身軽になりたい」「他の人みんなできてるんだから自分にもできる」「辛いのは一日で、あとは一生人の親」という気持ちで臨みました。
妊娠中の経過はとても順調で、初めての出産である私にとって、なんて親孝行な子なんだ、と今思い返しても感謝です。
ただ、いざ出産が近づくと、羊水が少なめだったり、へその緒が首に巻いてたり、陣痛がちゃんと来なかったり(来たと思ったら遠退く)で、「今まで体ひねったり重い物持ったりしてたからかな」とか「運動不足やったからかな」とか迷信でも科学的根拠のないことでも後悔して気になったので、不安要素は全部取りのぞいておく(した方がいい事はどんどんして、しない方がいいことはやめておく)のがいいと思いました。
お産は、直前になって呼吸法が気になって、先輩ママに聞いたりして独学でしたがやっておいて良かったです。
(ちゃんとした講座受けておけば良かった。)
それでも陣痛は辛かったけど、分娩はむしろ爽快でした。
出したいものきばって、スッキリ、という感じ。
嬉しい、感動、はもちろんですが私は生命の不思議と、元気に出て来た安堵感が大きかったです。
身の不自由や制限があった10ヵ月、早く終われと思っていたけど、今は一つの体、自分の一部だった日々が恋しくもあります。
そして何より、あんな辛い思いをして自分も産んでもらったんだなぁと、改めて自分の母に感謝の気持ちを抱きました。

★今回初めての出産でした。
妊娠してから出産までを振り返ると不安な気持ちや、体調の変化についていけなくて、心が常に不安感で、いっぱいだったという印象です。
出産予定日が近付くにつれて、本当に無事に出産出来て、元気な赤ちゃんを抱けるのか、痛みに耐える事が出来るのかなど心配ばかりしていましたが、検診に行くと、先生に優しく話を聞いてもらえたので心強く、この病院にして良かったなぁと思いました。
予定日から5日後に自然に陣痛が来て、すごく痛かったけど家族に支えてもらい安心して出産に挑む事が出来たし、助産師さんがすごく優しくて、声を聞くと安心する事が出来、全てに感謝しています。
もし2人目を授かる事が出来たらまたお世話になりたいです。

★今回、2回目の出産でヤナセさんでの出産は初めてでした。
前回、帝王切開だった為、今回も帝王切開での出産となりました。
日にちが決まっていたので、心の準備はできていたつもりだったのですがいざ、手術室に行くと不安でいっぱいになり手術台にのったときには泣きだしてしまいました。
でも先生と看護師さん達が優しく声をかけてくれたり励ましていただいたりして無事に元気な女の子を出産することができました。
産後も後陣痛と傷の痛みで苦しんでたときもスタッフの皆さんがとても優しくしてくださったので乗りきることができました。
妊娠中から産後まで、先生、スタッフの皆さんとても優しく、小さなことでも相談にのっていただき充実したお産になりました。
次に出産するときもヤナセさんにお願いしたいと思っています。
ありがとうございました。

 

 

2010年ヤナセクリニックホームページを全面更新しました。そのため2009年以前の情報は旧サイトを保存したディレクトリーからご参照ください。旧サイトを保存したディレクトリーの情報は、掲載当時のものです。そのため記載されているメールアドレスなども現在使用できません。また一部使用できないリンクがありますので、あらかじめご了解ください。

2002年から2013年の「私のお産」はこちらをご覧ください(旧サイトのアーカイブへリンク)

〒514-0016 三重県津市乙部(みえけんつしおとべ)5番3号 フェニックスメディカルセンター
医療法人碧会・ヤナセクリニック
TEL 059-227-5585(代) FAX 059-228-5807 
三重県津市ヤナセクリック(産科/婦人科/産婦人科)の採用情報/求人情報  
 

三重県津市にある医療法人碧会「ヤナセクリニック(Yanase Clinic Obstetrics And Gynecology)」は産科・婦人科(産婦人科)の医療機関です。
妊娠の診断、妊婦健診、出産、産科手術、母乳外来(母乳指導・乳房マッサージ)、乳児健診、育児相談、予防接種をはじめ婦人科疾患や不妊症の診察、検査、治療を行っています。また婦人科検診(子宮がん・卵巣がん・乳がん・骨粗鬆症等)婦人科手術、更年期疾患、生活習慣病、思春期相談、家族計画相談、避妊相談、男女産み分け法の診察やご相談を受けています。