出産されたママたちからのメッセージ
「私のお産」

2016年3月ご出産

医療法人碧会・ヤナセクリニック(三重県津市)
「私のお産」目次コーナーに戻る


ヤナセクリニックでご出産された方から、ご出産の感動・我が子への思いなどのメッセージ「私のお産」をいただきました。ホームページではそのうち「公開することに同意」いただいた方の「私のお産」のみ、公開させて頂きます。



★H28.3月3日午前7時2分3428gの元気な男の子が誕生しました。
妊娠中はつわり、吐き気、腰痛と続き大変でしたが、産まれてきた赤ちゃんの顔を見るだけで、大変さは何てことなかったと思えるくらい感動しました。
寝ている顔も泣いている顔もすべてがかわいい我が子です。
2人目なので何となく分かっているつもりでしたが、やはり個性があるのか1人目と真逆なことばかりで、また新たな発見がたくさんあります。
それを楽しみつつ子育てを頑張っていきたいと思います。
入院中は本当にお世話になりました。
ありがとうございました。

★今回3人目の出産でした。
「経産婦だから早く産まれるでしょ?まだー?」という周囲の声とは逆に予定日過ぎても出てきてくれる気配もなく誘発分娩へ。
誘発当日内服スタートし、弱いながらも5〜10分間隔の陣痛。
上の子とダンナも一緒にいてくれたので、今日産まれて!!と願っていましたが、願いはかなわず・・・。
誘発2日目は点滴スタート。
上の子も学校、ダンナも仕事と1人でLDRに。
でもそばには常にニコニコ笑顔のスタッフさんの姿。
連絡で来院する予定だったダンナのことを気にしてくれ、立ち合えるように時間を気にしつづけてもらいながらのあっという間の陣痛。
上の子2人とも立ち合い出産してるし、ニコニコスタッフさんに囲まれての出産もいい記念とダンナを待つのをやめて分娩へ。
たくさん話しかけてもらって、たくさん体をさすってもらって、1人での出産でしたが、経験豊かなニコニコスタッフさん達に囲まれて、なんの不安もなく大きな3670gの♂を産むことができました。
出産が近づくにつれて、初産婦でも経産婦でも、だれでも不安やもやもやした気持ちが出てくると思います。
家族にはできない、スタッフさんのサポートはとても心強く、安心して身も心もまかせれます。
3回それぞれの出産スタイルでしたが、それぞれステキな記念になってます。

★予定日3/5、初めてのお産。
今年に入り、“もうすぐ出産やな。”という話を主人としていて、“今年は閏年やで、2/29に産まれたらおもしろいよな。”とか、3月の前半に主人の出張があったりと、“2/29か3/1辺りに産まれてくるのがベストやな。”と話していて、2/29、3/1を休みにして立ち合える様にしてくれ、その前後の日を、何かあった時動ける様な勤務に調整してくれていました。
38週の検診では、少し下がってきているが、子宮口はまだ、との事。
それから、家事やウォーキングで毎日体を動かしました。
そして、39週、2/29の検診で、子宮口が1cm開いていました。
“まだ1cmか。今日、明日中は無いかな。”と思っていたら、その日の夜、茶オリのおしるしらしきものがあり、しばらくしたら、生理痛のような鈍い痛みが出てきました。
そして、午前2時頃、寝ようと思い、ベッドへ入りましたが、さっきより痛みが強くなってきて寝れませんでした。
午前3時頃、“なんか、規則的に痛みがきてるかも。”と思い計測開始。
10分前後の間隔でした。
さらに強くなってきたので、リビングで時間をつぶし、5分間隔くらいで病院へ連絡。
“一度受診して下さい”との事だったので、10:00頃病院へ。
診察してもらうと子宮口が5cm開いており、すぐLDRへ移動。
時間が経つにつれて痛みが強くなっていく中、前日から一睡もしてなかったので、眠気との闘いも辛かったです。
陣痛の痛みがMAXの時は、必死すぎてあまり記憶がはっきりしないですが、立ち合ってくれた主人の声かけや、スタッフの方々の呼吸法の指導、リードが本当にはげみになりました。
私達夫婦の希望通り、3/1に産まれてきてくれた息子。
前日の検診では推定体重3,500gだったのに、3,708gもあり、驚きましたが、無事に元気で誕生してくれて本当にありがとう。
そして、家から車で約5分、女医さんという事で選んだ、こちらの病院。
ここで出産できて本当に良かったです。
先生をはじめ、スタッフのお一人お一人が親切で信頼できる方ばかりでしたので、不安だらけの初めてのお産も安心して出来ました。

★ヤナセクリニックでの2回目のお産です。
2人目だし張り止めの薬も飲んでいたので予定日より早い出産になるかなと思っていました。
が、なかなかおしるしも陣痛も来ず予定日前日、旦那さんの誕生日の夕方、陣痛が来たらいいなとお腹に話しかけてみたり、動いてみたり、色んな事をしていたら・・・まさかの破水!
すぐに病院へ電話して向かいました。
診察後、破水していると確認できた為入院そのまま希望していた和室の分娩室へ。
すぐに陣痛も来るかと思っていましたが、なかなか本陣痛にならず、助産師さんに「日付はこえるかな〜」と、日付をこえた辺りから痛み出し午前3:40、3240gの元気な女の子を出産しました。
2人目だしするっと生まれてくるだろうと少しだけ軽く考えていましたがあまかったです。
1人目も2人目も大変な出産でしたが喜びと感動が忘れさせてくれました。
ただ2人目の後陣痛がこんなに辛いとは思いませんでした。
柳瀬先生、助産師さん看護師さん優しく接していただきヤナセクリニックで出産できて嬉しく思います。

★予定日を1日過ぎた夜中、10分間隔で下腹部に痛みがきました。
まだ耐えることのできる痛みで、陣痛なのかよく分からずしばらく様子を見ていると徐々に痛さが増してきたため病院へ行くことになりました。
診察してもらうと子宮口が全然開いていなかったので、病室で様子を見ることに。
このときはまだ陣痛の合間に余裕があり食事も完食する程でしたが、その後が大変でした。
痛さが更に増し間隔が短くなってきて眠ることも食べることもできなくなり気が狂いそうでした。
結局入院してから1日半以上も経過しようやく産まれてきてくれました。
辛かった分、我が子の顔を見た瞬間は人生で一番幸せを感じました。
初めて出産というものを経験し感じたことは、自分1人では絶対にできなかったということです。
ずっと寝ずに付き添ってくれた夫や母、家族そしていつも優しく励ましてくれた先生や助産師さんには本当に感謝しています。
苦しいときは「もう絶対に2人目はいらない」と思っていましたが、今は、こんなに幸せを感じることができるならもう1人ほしいなと心から思います。
ヤナセクリニックの皆様、本当にお世話になりありがとうございました。
皆様に見守られながら産まれてきてくれた娘を大切に育てていきます。

★出産予定日から1週間おくれの出産でした。
中々、赤ちゃんが下がってきてくれなくて誘発入院から一度退院。
再度、誘発入院と想像していた出産の流れとは違っていました。
でも、先生が毎回必ず説明をしてくれて、私がどうしたいのか希望を聞いて下さったので安心して向かっていくことができました。
パチンと完全破水をしてから・・・20時間。
旦那とお母さんに陣痛が来る度に腰を押してもらって一人では乗りこえれなかったと・・・感謝しています。
そして夜中ずーっと出産に向かって励ましの言葉をかけながら楽になる様にアロマオイルでマッサージしてくれたり、何回ナースコールを呼んでも(トイレなんてうそ!!ごめんなさい)怒らずいてくれた長谷川さん!!!!のおかげです。
私のお産は長谷川さんを心から頼れたからこそ最後まで絶対頑張れたと思います。
赤ちゃんが産まれた時、胸がいっぱいになる程幸せな気持ちになりました。
18キロ太ったのも今回反省・・・。
里帰り出産で、不安もあったのですがココで出産できて良かった!と今は思っています。
たくさんありがとうございました。

★今回で、5人目の出産になります。
5人目なので、早く産まれるだろうなぁと思い、毎日そわそわ。
予定日近くの検診で、産まれる気配なし・・・。
上の子達がいるし、仕事もギリギリまでしていたのに、何でー??と思い産休に突入!!
待っていたかの様に、家族が次々とインフルエンザにかかってしまい自分自身も感染。
「今、陣痛来たらどうしよー」と毎日考えながらも、予定日が近づいてきて、「皆がインフルエンザ完治するまで待っててくれてるのかなぁ」と思っていたらどーやら、その通りだったみたいで。
予定日、前日に全員が完治。
予定日当日。!!
ずっと前駆陣痛らしきものがあったので、朝6時頃から10分間隔で、シクシク・・・また前駆かぁと思い、それまで、陣痛かも!!と家族に期待させていたので(笑)上の子達やダンナさんにも言わずガマン。
お風呂に入っても10分なら病院に行こうと思いお風呂へ・・・AM8:00お風呂から出ると8分・・・来たー。!!と思い用意して病院へ電話し、そのまま病院へ。
車内で5分!!!
同時にダンナさんにも連らく。
上の子達が、皆、最終的に誘発していたので、ダンナさんと昼すぎかなぁと話し、AM9:30病院到着。
助産師さん達に「経産婦さんなので、強い波が来たら、すぐ産まれるよ!!」と言われ再びダンナさんに電話。
すぐ来てくれる事になり、陣痛にたえる。
でも間隔が不規則になり、やっぱり・・・と思い先が見えなくなる(笑)
「もしかしたらパパ待ちかなぁー」と、みんなで話していたら・・・パパ到着して10分で産まれてきてくれました。
初めて、誘発する事なく産めた事に感動。
へその緒を2重まいて産まれてきてくれた娘ちゃん。
保育器に入り治りょう。
5人目にして初めての事で不安になって、オドオド。
助産師さん、先生に説明を受けて、出産って本当に大変だなと思いました。
頑張って産まれてきてくれた娘ちゃんに感謝。
最後になるであろう出産。
感謝でいっぱいの出産になりました。
ありがとうございました。

★促進剤と点滴もして、一時帝王切開の話もありましたが無事自然分娩で産む事ができました。
お産につながる前の痛みも陣痛も辛かったですが、スタッフのみなさんの優しい声かけに気持ちの面でも楽になり助けていただきました。
柳瀬先生がいるヤナセクリニックで出産できてとても良かったです。

★前回の健診で子宮口が1cmあいてると言うことだったのですが、まだまだかなと思っていました。
上の子が39週2日で出産だったので、朝2時ぐらいに6分間隔ぐらいで痛みがあったので陣痛カウンターでチェックをしはじめて、旦那を起こしました。
まだ破水もしていないので大丈夫かなと思っていたのですが病院に来て破水していないかをチェックしてもらったら破水していました・・・。
入院になってすでに病院に来た時に子宮口が8cm!!
すぐ産まれるね。と言われて陣痛が長くすごく痛いのが来たと思ったら何か子宮口を押している感じがあったのですぐにナースコールをして助産師さん達もおいつかないうちに風船が破裂するように破水して2〜3回いきんだら娘が産まれて来てくれました。
すごく母親思いの子だなと思いました。
38週4日で産まれて来てくれたけど3210gあって大きいほうだなと思いました。
上の子には入院中たくさん我慢させてしまったので帰ったら甘えさせてあげたいと思っています。
入院中お母さんには沢山お世話になったのでこれから息子と娘をいっぱい会わせて親孝行していきたいと思います。
旦那さんが休みの日に産まれて来てくれてありがとうこれから4人家族で頑張っていきたいと思っています。

★40才での初産でした。
妊娠高血圧症候群になり、38週4日での帝王切開でした。
出産後も血圧が下がらず安静状態が続きました。
入院生活も長くなり、先生、スタッフの皆様には大変お世話になりました。
大変なお産ではありましたが、赤ちゃん誕生の瞬間を思い出すと、今も胸が熱くなります。
手術台では、緊張と不安で、震えが止まりませんでしたが、スタッフの方が常に声をかけて下さり、とても励まされました。
いよいよ誕生の時、赤ちゃんの大きな泣き声、先生、スタッフの皆様から「おめでとうございます」と言っていただき、涙があふれてきました。
少しして赤ちゃんとの対面。
赤ちゃんの顔が自分の額に触れ、あたたかくて、かわいらしい顔がそこにはありました。
この感動は一生忘れないと思います。
先生、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

 

2010年ヤナセクリニックホームページを全面更新しました。そのため2009年以前の情報は旧サイトを保存したディレクトリーからご参照ください。旧サイトを保存したディレクトリーの情報は、掲載当時のものです。そのため記載されているメールアドレスなども現在使用できません。また一部使用できないリンクがありますので、あらかじめご了解ください。

2002年から2013年の「私のお産」はこちらをご覧ください(旧サイトのアーカイブへリンク)

〒514-0016 三重県津市乙部(みえけんつしおとべ)5番3号 フェニックスメディカルセンター
医療法人碧会・ヤナセクリニック
TEL 059-227-5585(代) FAX 059-228-5807 
三重県津市ヤナセクリック(産科/婦人科/産婦人科)の採用情報/求人情報  
 

三重県津市にある医療法人碧会「ヤナセクリニック(Yanase Clinic Obstetrics And Gynecology)」は産科・婦人科(産婦人科)の医療機関です。
妊娠の診断、妊婦健診、出産、産科手術、母乳外来(母乳指導・乳房マッサージ)、乳児健診、育児相談、予防接種をはじめ婦人科疾患や不妊症の診察、検査、治療を行っています。また婦人科検診(子宮がん・卵巣がん・乳がん・骨粗鬆症等)婦人科手術、更年期疾患、生活習慣病、思春期相談、家族計画相談、避妊相談、男女産み分け法の診察やご相談を受けています。